福岡県北九州市から鹿児島県薩摩川内市への引越し見積もり費用の相場

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

福岡県北九州市から鹿児島県薩摩川内市の引っ越し費用の相場

福岡県北九州市から鹿児島県薩摩川内市の引っ越し費用の相場

福岡県北九州市から鹿児島県薩摩川内市への引っ越し費用の相場は、時期や荷物の量、引っ越し会社の規模などによって異なりますが、一般的には40万円~60万円程度です。繁忙期(3月~4月、9月~10月)は、通常期(1月~2月、5月~8月、11月~12月)よりも料金が高くなる傾向があります。

また、荷物の量が多い場合や、家具や家電などの大型品が多い場合も、料金が割高になる傾向があります。業者は、引っ越し費用を計算する際に、荷物の量や大きさ、搬送距離、引っ越し時期、オプションサービスなどを考慮して、料金を設定します。

引っ越し費用を抑えるためには、繁忙期を避けて、荷物を減らす、家具や家電などの大型品を自分で運ぶ、オプションサービスを減らす、複数の引っ越し会社から見積もりをとって比較検討するなどの方法があります。

時期による変動

福岡県北九州市から鹿児島県薩摩川内市への引っ越し費用の相場は、時期によって変動します。繁忙期(3月~4月、9月~10月)は、通常期(1月~2月、5月~8月、11月~12月)よりも料金が高くなる傾向があります。

繁忙期には、引っ越し需要が高まるため、引っ越し会社の料金が高くなります。また、繁忙期には、引っ越し希望日が集中するため、希望する日に引っ越しできない可能性が高くなります。繁忙期を避けて、荷物を減らす、家具や家電などの大型品を自分で運ぶ、オプションサービスを減らす、複数の引っ越し会社から見積もりをとって比較検討するなどの方法があります。

繁忙期

3月~4月 9月~10月

通常期

1月~2月 5月~8月 11月~12月

福岡県北九州市から鹿児島県薩摩川内市の引っ越し費用の相場
時期 荷物の量 引っ越し費用の相場
繁忙期 1~2トン 40万円~60万円
繁忙期 3~4トン 50万円~70万円
繁忙期 5トン以上 60万円~80万円
通常期 1~2トン 30万円~50万円
通常期 3~4トン 40万円~60万円
通常期 5トン以上 50万円~70万円

福岡県北九州市から鹿児島県薩摩川内市の交通費

福岡県北九州市から鹿児島県薩摩川内市の交通費

電車の場合

  • 北九州駅から鹿児島中央駅まで新幹線で約3時間30分
  • 鹿児島中央駅から薩摩川内駅まで特急で約1時間

料金:約15,000円

飛行機の場合

  • 北九州空港から鹿児島空港まで飛行機で約1時間
  • 鹿児島空港から薩摩川内空港まで飛行機で約30分

料金:約10,000円

車の場合

  • 北九州市から薩摩川内市まで車で約7時間

料金:約20,000円

バスの場合

  • 北九州市から薩摩川内市までバスで約10時間

料金:約5,000円

交通費比較表
交通手段 時間 料金
電車 約4時間30分 約15,000円
飛行機 約1時間30分 約10,000円
約7時間 約20,000円
バス 約10時間 約5,000円

引っ越し業者に相談をする

引っ越し業者に相談する際は、自分のニーズや状況を明確に伝え、適切なサービスや費用の見積もりを受けることが重要です。

引っ越しの日程や荷物の量、現住所と引っ越し先住所を提供し、特別な取り扱いが必要な荷物や追加サービスの要望も伝えましょう。

引っ越し業者比較や相談できるサービスとして、以下のようなウェブサイトやアプリがあります。

これらのサービスを利用することで、引っ越し業者の費用やサービス内容を比較し、自分に合った業者を選ぶことができます。

ズバット引越し比較

  • 日本最大級の引越しサイト
引越しの無料一括見積もり依頼サービス

引越し侍

  • 業界初・引越しのネット予約サービス
引越しの情報を入力すると、ネット上で各引越し業者の見積もりの値段と相場を一覧で比較でき、そのまま引越しの依頼も可能です。

福岡県北九州市から鹿児島県薩摩川内市の地域情報

福岡県北九州市

概要

福岡県北九州市は、九州の北部に位置する市である。九州の中心都市であり、日本の三大都市圏の一つである福岡都市圏の中心都市である。人口は約96万人(2023年現在)であり、九州で福岡市に次いで2番目に多い。北九州市は、1899年に若松市、1900年に小倉市、1901年に門司市、1914年に戸畑市、1922年に八幡市、1934年に若松市と戸畑市が合併して若戸市となり、1963年に小倉市、門司市、若戸市、八幡市が合併して北九州市となった。

産業

北九州市は、鉄鋼業、化学工業、造船業、機械工業が盛んである。北九州市に本社を置く企業には、新日本製鉄、東邦亜鉛、三菱ケミカル、日産自動車、九州電力などがある。

観光

北九州市には、小倉城、門司港レトロ、スペースワールド、いのちのたび博物館など、数多くの観光スポットがある。小倉城は、1602年に細川忠興が築いた城であり、国の史跡に指定されている。門司港レトロは、明治・大正時代に栄えた門司港の街並みが残るエリアであり、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。スペースワールドは、宇宙をテーマにした遊園地である。いのちのたび博物館は、生命の誕生から進化までの過程を展示している博物館である。

鹿児島県薩摩川内市

概要

鹿児島県薩摩川内市は、九州の南西部に位置する市である。九州の南の玄関口であり、九州新幹線鹿児島ルートの終着駅である。人口は約8万人(2023年現在)であり、鹿児島県で鹿児島市に次いで2番目に多い。薩摩川内市は、1940年に川内市と薩摩郡隈之城町が合併して川内市となり、2004年に川内市と薩摩郡祁答院町、東郷町、入来町、樋脇町、鹿島町、上甑村、下甑村が合併して薩摩川内市となった。

産業

薩摩川内市は、農業、水産業、林業が盛んである。薩摩川内市に本社を置く企業には、川内原発、川内火力発電所、川内製紙、薩摩川内市農業協同組合などがある。

観光

薩摩川内市には、城山公園、薩摩川内水族館、薩摩川内歴史民俗資料館など、数多くの観光スポットがある。城山公園は、1609年に島津家久が築いた城であり、国の史跡に指定されている。薩摩川内水族館は、鹿児島県の marine life を展示している水族館である。薩摩川内歴史民俗資料館は、薩摩川内市の歴史と民俗に関する資料を展示している博物館である。

福岡県北九州市と鹿児島県薩摩川内市の比較
福岡県北九州市 鹿児島県薩摩川内市
人口 約96万人(2023年現在) 約8万人(2023年現在)
面積 493.39平方キロメートル 684.11平方キロメートル
人口密度 1,946人/平方キロメートル 117人/平方キロメートル
主要産業 鉄鋼業、化学工業、造船業、機械工業 農業、水産業、林業
観光スポット 小倉城、門司港レトロ、スペースワールド、いのちのたび博物館 城山公園、薩摩川内水族館、薩摩川内歴史民俗資料館
  • URLをコピーしました!
目次