福岡県福岡市から神奈川県横浜市への引越し見積もり費用の相場

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

福岡県福岡市から神奈川県横浜市の引っ越し費用の相場

福岡県福岡市から神奈川県横浜市の引っ越し費用の相場

福岡県福岡市から神奈川県横浜市の引っ越しの費用は、時期や荷物の量、移動距離などによって大きく異なります。一般的には、3人家族で、荷物の量が約10トンの場合、引っ越し費用の相場は、約30万円〜50万円になります。

時期による変動

引っ越し費用の相場は、時期によって変動します。引っ越し業者が多い繁忙期は、費用が高く、閑散期は費用が安くなります。繁忙期は、3月〜4月、閑散期は、1月〜2月、6月〜7月、9月〜10月です。繁忙期を避けて引っ越しをすれば、費用を抑えることができます。

表1. 時期による引っ越し費用の相場
| 時期 | 引っ越し費用の相場 | |—|—| | 3月〜4月 | 30万円〜50万円 | | 1月〜2月 | 25万円〜35万円 | | 6月〜7月 | 25万円〜35万円 | | 9月〜10月 | 25万円〜35万円 |

福岡県福岡市から神奈川県横浜市の交通費

福岡県福岡市から神奈川県横浜市の交通費

航空機

福岡空港から羽田空港までの航空運賃は、片道約15,000円です。羽田空港から横浜駅までのJR運賃は、片道約1,000円です。合計で、片道約16,000円です。

新幹線

博多駅から東京駅まで新幹線を利用した場合、片道約23,000円です。東京駅から横浜駅までJRを利用した場合、片道約1,000円です。合計で、片道約24,000円です。

バス

福岡市から横浜市までバスを利用した場合、片道約10,000円です。所要時間は、約16時間です。


比較表
交通手段 片道運賃 所要時間
航空機 約16,000円 約2時間
新幹線 約24,000円 約5時間
バス 約10,000円 約16時間

引っ越し業者に相談をする

引っ越し業者に相談する際は、自分のニーズや状況を明確に伝え、適切なサービスや費用の見積もりを受けることが重要です。

引っ越しの日程や荷物の量、現住所と引っ越し先住所を提供し、特別な取り扱いが必要な荷物や追加サービスの要望も伝えましょう。

引っ越し業者比較や相談できるサービスとして、以下のようなウェブサイトやアプリがあります。

これらのサービスを利用することで、引っ越し業者の費用やサービス内容を比較し、自分に合った業者を選ぶことができます。

ズバット引越し比較

  • 日本最大級の引越しサイト
引越しの無料一括見積もり依頼サービス

引越し侍

  • 業界初・引越しのネット予約サービス
引越しの情報を入力すると、ネット上で各引越し業者の見積もりの値段と相場を一覧で比較でき、そのまま引越しの依頼も可能です。

福岡県福岡市から神奈川県横浜市の地域情報


福岡県福岡市

福岡市は、福岡県の県庁所在地であり、九州地方最大の都市である。 人口は約160万人であり、日本国内で6番目に多い。 福岡市は、福岡平野の北部に位置し、博多湾に面している。 福岡市は、古くから交通の要衝として栄え、現在でも九州地方の経済・文化の中心地である。

福岡市の見所

福岡市には、多くの観光スポットがある。 その中でも、特に人気があるのは、博多祇園山笠、福岡城、大濠公園である。 博多祇園山笠は、毎年7月に行われる博多の夏祭りである。 この祭りは、7つの流派がそれぞれ山笠を制作し、街中を練り歩く。 福岡城は、1587年に黒田長政によって築城された城である。 この城は、福岡市の中心部に位置し、現在では公園として一般公開されている。 大濠公園は、福岡市の中心部に位置する都市公園である。 この公園は、1924年に開園し、現在は、約14万平方メートルの面積を有している。

神奈川県横浜市

横浜市は、神奈川県の県庁所在地であり、関東地方最大の都市である。 人口は約380万人であり、日本国内で2番目に多い。 横浜市は、東京湾に面しており、東京から約30km離れている。 横浜市は、古くから港湾都市として栄え、現在でも日本最大の貿易港である。 横浜市は、また、経済・文化の中心地であり、多くの企業や大学が立地している。

横浜市の見所

横浜市には、多くの観光スポットがある。 その中でも、特に人気があるのは、横浜みなとみらい21、赤レンガ倉庫、横浜中華街である。 横浜みなとみらい21は、横浜市の臨海部に位置する大規模な再開発地区である。 この地区には、高層ビル、ショッピングモール、ホテルなどが立ち並び、夜景が美しいことで知られている。 赤レンガ倉庫は、横浜市の山下公園に隣接する倉庫である。 この倉庫は、1913年に建てられ、現在は、商業施設やイベント会場として利用されている。 横浜中華街は、横浜市の山下町に位置する日本最大のチャイナタウンである。 この地区には、約300軒の中華料理店や雑貨店が立ち並び、多くの観光客で賑わっている。

福岡市と横浜市の比較

福岡市と横浜市は、どちらも大都市圏の中心都市であり、多くの共通点がある。 しかし、両市には、いくつかの違いもある。 福岡市は、九州地方最大の都市であり、九州地方の中心地である。 一方、横浜市は、関東地方最大の都市であり、関東地方の中心地である。 福岡市の面積は約340平方キロメートルであり、横浜市の面積は約437平方キロメートルである。 福岡市の人口は約160万人であり、横浜市の人口は約380万人である。 福岡市の気候は、温暖で湿潤な気候である。 一方、横浜市の気候は、温暖で海洋性気候である。 福岡市は、九州地方の経済・文化の中心地である。 一方、横浜市は、関東地方の経済・文化の中心地である。

福岡市と横浜市の表

| 都市 | 人口 | 面積 | 気候 | 経済・文化の中心地 | |—|—|—|—|—| | 福岡市 | 約160万人 | 約340平方キロメートル | 温暖で湿潤な気候 | 九州地方 | | 横浜市 | 約380万人 | 約437平方キロメートル | 温暖で海洋性気候 | 関東地方 |
  • URLをコピーしました!
目次